格安レンタルサーバー選びに迷ってしまう方は

初めて格安レンタルサーバーを選ぶ方は、無料お試し期間を利用しよう

 初めて選ぶ際、事前にいろいろ調べても、どの格安レンタルサーバーにしていいのか迷ってしまう慎重な方もいるだろう。そのような場合、無料のお試し期間を利用して、実際に使えるかどうかあなた自身で試すことができるので活用しよう。お試し期間だからといって制限される機能はほとんどないため、あなたのやりたいことや管理画面の使いやすさなどをチェックするには十分な期間がある。

各レンタルサーバーごとの無料お試し期間

 以下に、当サイトで紹介している格安レンタルサーバーの無料お試し期間をまとめた。ほとんどの業者で10日以上あることがわかる。

格安レンタルサーバー業者

無料お試し期間

ロリポップ

10日間

ハッスルサーバー

10日間

ロケットネット

10日間

エックスサーバー

10日間

さくら(ライトプラン)

14日間

さくら(スタンダードプラン)

14日間

ミニバード

14日間

ファイアバード

14日間

ヘテムル

15日間

カラーミーショップ

30日間

チェックすること

 実際に管理画面などを自分でいじってみて、使いやすさを試すのはもちろんだが、夜間、特に23時〜2時あたりにあなたのホームページが安定して表示されるかチェックされることをお勧めする。格安レンタルサーバーは深夜帯は少し表示が重くなったりすることがあるので、ご自身で必ず確かめてほしい。個人的なサイトや趣味のサイトなどであれば多少重くなっても全く問題ないが念のため。ちなみに、初めての方におすすめのサーバーはさくらロリポップ。いずれも老舗のサーバーで使い勝手がいい。中小規模のビジネスとして使うのであれば、以下の安定したサーバーがよい。

格安の中で、安定したサーバーはどれか?

 管理人が実際に使ってみて安定していたサーバーは、エックスサーバーとヘテムルの2つ。双方とも1000円以上と若干高めだが、中小規模のビジネスやマルチドメインを利用する方は価格の安さよりもサーバーの安定度を最重要視した方がよい。管理人は一度、格安のサーバーで10ドメイン展開していたことがあるが、1週間ずっと不安定で、10ドメイン全てが深夜に全く表示されなくなった痛い経験がある。

 エックスサーバーはスタッフによる監視がしっかりできているため、重くなりにくい。たとえ問題があったとしても、サーバーを移動できるので安心。ヘテムルはサーバースペックが強力なので深夜でも重くならず、管理人が契約したサーバーは1度も不安定になったことがない。ただし電話サポートがないため初心者の方は以下がいい。

ビジネス用途で365日電話サポートを希望するなら

 価格は高めになってしまうが、WADAXのサポートは365日(土日も元旦も)なので手厚いサポートを受けたい方にお勧め。残念ながらWADAXは無料お試し期間がないが、セコムによるセキュリティや二重のバックアップ体制など他の格安サーバーにはないサービスが多い。そのため、ビジネス用途でサポートが手厚い格安レンタルサーバーとして非常に人気がある。